Click Holdings株式会社の事業とHonbikeの魅力

Click Holdings株式会社はIT分野における様々なエンターテイメントコンテンツを展開している企業です。モバイルインターネットやクロスゲートをメインに掲げ、映像・音楽・ゲームといったメディアコンテンツなどを取り扱う同社の特徴をまとめました。

事業の内容や特徴

Click Holdings株式会社は画像・映像・音楽・ゲーム・素材といった多種多様なクリエイティブ作品を生みだし、精力的に提供し続けている企業です。アジアを中心として越境ビジネスのコンサルティングやソリューションサービスを提供しており、ネットワークを活かしたサービスや商品とそのプロモーションをサポート。メディア事業ではオフライン・オンラインを問わず多くの媒体を取り扱っており、クライアントのリクエストに応じたメディアプランニングを実施。動画チャンネルなどの運用も行っています。

また、同社の主力ともいえるgame事業では、中国・韓国を中心として自社アプリの海外進出を考えている国内外を問わないデベロッパーをサポート。ニーズに合わせてゲーム業界での経験豊富な専門スタッフが、タイトルの製作・運営を支援します。翻訳やボイス収録、イラスト制作など…同社が対応できるゲーム事業は多岐にわたります。他にも映像や音楽制作といったクリエイティブな事業も取り扱っており、多岐にわたるメディアコンテンツを生みだし続けています。

Honbikeの開始

「Honbike」とは、世界初の片側支持チェーンレス電動アシスト自転車のこと。5段階電動アシストやAIシステム搭載、2ステップの折り畳み機能など…優秀な実用性とスタイリッシュな外観が特徴の電動自転車です。クラウドファンディングでありながらわずか4か月で4,000台もの売り上げを伸ばすこのHonbikeは、Click Holdings株式会社にて販売、購入支援プロジェクトを行っています。

機密構造のシャフトドライブで、塩害のリスクは少なく錆が生じにくいボディ構造となっており、自転車に乗る人が少ない沖縄県でも普及しやすいとのコンセプトを持っています。現在Honbikeは多様な限定モデルなども展開しながら、スタイリッシュで楽しいサイクリングを実現する自転車として各種メディアでも注目を集めています。

半沢龍之介とは

Click Holdings株式会社の代表取締役を務める半沢龍之介氏は、情報工学やIT、メディア分野で幅広い活躍を見せる人物。日本でも人気を集めたケータイゲーム会社「GREE」でコンテンツディレクターを務めた実績を持ち、その後は日本をはじめ各国で人気を集めるスマートフォンゲーム業界でヒットタイトルを数多く生みだしてきました。

現在は「ミラクルニキ」「荒野行動」「TikTok」といった有名アプリに携わりながら、オンライン・オフラインのマーケティングを積極的に行い、ゲームを中心とするメディアプラットフォーム「bgs」のリリースを行うなど、目覚ましい活躍を見せ続けています。

半沢龍之介氏の自転車業界におけるイノベーション