株式会社Birdmanの事業内容について

日本の国際競争力は日に日に弱まっていると言われています。確かに、既存の価値観に囚われている一部企業は衰えが目立つかもしれません。しかし、新しい価値観に乗り遅れず、時代の波を掴んでいる企業は今後ますます発展が期待出来るでしょう。

企業情報について

株式会社Birdmanは2012年に設立した企業です。代表取締役である伊達晃洋を筆頭に事業展開をしています。東京都渋谷区に本社を構えており、資本金は2021年6月30日現在で390,763千円です。以前は株式会社エードットという名前で活動していましたが、すべてのグループ会社を経営統合したことによって会社名が変更しました。

株式会社Birdmanの事業内容は戦略立案とコンサルティングやブランディングが中心になっています。こちらはアウトプットまで見据えているため非常に的確な提案ができることが特徴です。また、ブランディングに関してもIoTやIT、機械学習や真相学習などテクノロジーを活用しているため、デバイスやPoC開発を融合した極めて多角的なものになっています。各種デザイン・クリエイティブ制作なども行なっており、市場に刺激を与えているのです。

社名変更の理由について

株式会社Birdmanは社名変更した理由には、企業が経営課題として解決する手段であるクリエイティブとテクノロジーのシナジーが極めて重要になっていることが挙げられます。長年にわたって世界と戦ってきた分野による課題解決力はすでにブランドとして知れ渡っており、クライアントの追い求める夢とビジネスをより飛躍させる存在になりたいという意思を社名に込めているのです。

また、大きな変革と飛躍を求めていることも理由として挙げられます。社員全員に浸透している哲学である「Strategy&Crazy」という考え方は進むべき道筋を明らかにする選択として大切にされています。また、それだけでは突破できない壁を遊び心に満ちた発想によって超えていくということを考えた結果、社名もありがちな答えではなく、誰もが想像しない選択肢から発想すべきだという結論に至ったのです。

企業としてのスタンスを表す

株式会社Birdmanはコンサルティングとブランディングを中心に事業展開をしています。しかし、それは単一的なアプローチではなく、常に複合的な技術を活用していることが特徴となっているのです。IoTや機械学習などのテクノロジーはもちろんのこと、デザインやクリエイティブ制作などを組み合わせることによって、他社とは迎合しない独自のスタイルを形成しています。

そんな株式会社Birdmanを表しているのが社名の由来です。統合したグループ会社の名前を付けた理由には、クリエイティブとテクノロジーの分野においてブランド力が高いことと大きな変革と飛躍を求めていることが挙げられています。社員に共通する「Strategy&Crazy」という哲学と、遊び心を持ち合わせた発想を社名として掲げることによって、多くの人に会社としてのスタンスをアピールしているのです。